So-net無料ブログ作成
検索選択

はじめてのインデックスファンド

はじめての金融商品が何か良いかと聞かれると、種類の豊富さからいくと、投資信託でインデックスファンドが良いかもしれません。

はじめてのといっても、それぞれの知識に差がありますから、どのくらいのはじめての~が問題になります。

FXや株式投資がはじめての金融商品という人もいますが、インデックスファンドはTOPIXや日経225などお馴染みのインデックスと連動することから、はじめての方でも分かりやすいというのがメリットです。

報道や情報などもインデックスファンドの場合簡単に入手しやすいですし、インデックスファンドの種類もいろいろあり、選択肢もあります。

問題は、はじめてのインデックスファンドでも、リスクと隣り合わせですから、余裕資金での投資をお勧めします。

インデックス投信とETF

インデックス投信ETFなどという言葉を最近聞きますが、よく似た金融商品です。

ETFとは、証券取引所に上場され、株式と同様に市場で売買できる投資信託の事ですが、インデックス投信は日経平均・TOPIXなどのインデックスに連動した値動きをします。

ETFは取引時間内ならリアルタイムに随時、売買できますが、インデックス投信は通常1日1回のみの売買になります。

インデックス投信は、他のアクティブ投信よりもコストが安いですが、ETFはもっとコストが安くなります。

インデックス投信ETFの差で大きいのは、投資資金です。

インデックス投信はものによっては1万円以下から始められますが、ETFは最低でも数万円から数十万円かかります。

それだけリターンにも差が出ますが、当然リスクにも差が出ます。

401Kでインデックスファンド

401Kとは運用商品を加入者本人が選ぶ年金で、別名、確定拠出年金ともいいます。

投資信託に投資することができ、購入手数料は無料になります。ただし購入可能な投信商品は限定されますが、401Kインデックスファンドもあります。

企業などで401Kをファンドで投資という方法があります。

企業側とすると、401Kインデックスファンドで投資をすると、ただの積立よりもリターンが期待できます。

それに、長期保有が基本のインデックスファンドですから、投資家としたら、積立金を行っていて、利回りの良い商品という捉え方でよいでしょう。

受け取りまで何十年ということが多い401Kインデックスファンドですから、利率の良い定期預金という感覚で積立て、投資できます。

インデックスファンドのほかにも投資信託という形で401Kはあちこちで活躍しています。