So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ノーロードインデックスファンドへの投資を考えよう

インデックスファンドの中でも購入時に手数料がかからないノーロードで投資をするという方法があります。

投資信託は他の投資と違い、手数料が多くかかりますが、最近はノーロードの投資信託が人気があります。

インデックスファンドの場合、長期保有が多いと思いますから、問題はノーロードよりも信託報酬の方に重点を置くという人も多いでしょう。

しかし、インデックスファンドで投資をし、短期で利益が出るといった場合、ノーロードインデックスファンド投資はラッキーということになります。

投資信託は、もってみないことにはチャートは分かりませんが、信託報酬との兼ね合いから、ノーロードでも信託報酬が高ければ同じことです。

ここは、インデックスファンド投資をする際に、ノーロードだからということを考えずに、上手く利益を上げられるインデックスファンド投資をお勧めします。

いいときだったインデックスファンドUSA

インデックスファンドUSAとは、S&P500種株価指数と連動する投資成果を目指しています。

ネーミングがインデックスファンドUSAで力強さも感じますが、現在のUSAはガンバレといった状態です。

インデックスファンドUSAの銘柄は200銘柄以上に分散投資を行います。

米カルフォルニア州のパーラ社の株式モデルを活用して、インデックスファンドUSAは運用しています。

信託期間は平成18年で、既に取引は終了しています。

インデックスファンドUSA、平成18年、いいときに終了したと思います。

DKAJ-reitインデックスファンドとは?

ファンドにとって、値動きが分かりやすいというのは、投資家にとっても安心できます。

DKAJ-reitインデックスファンドは、Jリートを主要投資対象としているため、その指数は分かりやすいものとなっています。

また、個別株や外国株のように、下落一方ではなく、不動産を対象としていますから、流動的な動向により、長期保有ならDKAJ-reitインデックスファンドは、数字も読みやすくなります。

今は不動産業にとっては追い風など言う情報も入りやすいですから、DKAJ-reitインデックスファンドの売買タイミングも図りやすいといえます。

又、比較的買いやすい価額のDKAJ-reitインデックスファンドですから、分散投資のひとつとしても保有できます。

様々なインデックスファンドがある中、DKAJ-reitインデックスファンドの動向は面白いと思います。

インデックスファンドと暴落率

日本で販売しているインデックスファンドは、現在は暴落率は高いものとなっています。

しかし、この暴落率の高さはインデックスファンドに限定したものではなく、すてべの金融商品の暴落率も高い状態となっています。

インデックスファンドなどの投資に関しては、難しい局面にきています。

2008年12月、日本円の利下げもありましたし、急激な円高で儲かった人もいますが、社会全体が暗いニュースで一杯になっています。

投資に関しても、暴落率の数字が一気に大きくなったりと、世界全体の景気後退も懸念されています。

では、ここで売却と早まるのは待ってください。

世界的にこのままではないでしょうし、インデックスファンドの対象であるインデックスの暴落率も下がる一方ではないはずです。

ファンドの途中売却は損をする場合がありますから、ここはインデックスファンドを保持ということをお勧めします。

225のインデックスファンド

日経225(日経平均株価)の動きは、2008年秋にかけて激しいものがありました。

日経225というと先物取引ですが、これはリスクがとても大きい投資と言えます。

しかし、動向によっては値幅が大きいことから、上手くいけばかなりおいしい投資になります。

同時に危険な賭けとなるのが先物取引ですが、225に投資といえばインデックスファンドはいかがでしょう?

インデックスファンド225は、日経225の動向に連動するインデックスファンドです。

先物取引と違い、投資金額の負担もぐっと小さくなります。

同じ日経225を投資対象としていて、何よりもインデックスファンド225の方がリスクが小さいというところが最大の魅力です。

日本株銘柄が対象ですから、今の動向や今後の見通しにも見当がつくことから、投資金額の増減に目途が付きます。

日経225インデックスファンドを分散投資の仲間入りをさせてみませんか?

インデックスファンドのメリットとは?

インデックスファンドは、あるインデックスに連動する投資信託です。

インデックスファンドメリットは、小額投資ができることです。

負担のない資金から始められるインデックスファンドですから、手軽にできます。

また、インデックスが自分の知っているものですと、パフォーマンスが一目で分かりますから、インデックスファンドメリットとして、目で見えるチャートといえるでしょう。

投資信託の運用はプロが行います。投資家は資金を投入するだけというのも投資に関して自信がないという方にもメリットとなります。

アクティブファンドに比べコストが安いインデックスファンド、これもメリットとなります。

メリットを最大限に生かすインデックスファンドの上手な買い方をしましょう。